3Dモデルをいろいろ作ってみたい

3Dモデルをいろいろ作ろうとがんばっています。苦労した点、役に立ちそうな情報を発信していきます。

Fusion 360でクインジェットのモデリング:ディテイルの作り込み

遅々として進まないクインジェットのモデリングですが今回はディテイルの作り込みの一環として主翼と尾翼にスジ彫りを入れてみました(下図の青枠部分)。

f:id:ichidaya:20190429151915j:plain

スジ彫り完成図

スジ彫りのやりかたは下記書籍を参考にしています。

f:id:ichidaya:20190429153117j:plain

参考にしたFusion 360 Masters

 まず、スケッチ平面上に彫りたいスジに沿って線を引きこの線でスジ彫り対象のボディ(今回はクインジェットの主翼部分)を2つに分割します。

f:id:ichidaya:20190429154409j:plain

ボディの分割

説明のため2つに分割されたボディのうち小さくて形が単純なほうをボディA、もうかたほうをボディBと呼ぶことにします。ボディA(下図)を複製したボディを作りこれに操作を加えてスジ彫りのためのツールを作っていきます(ボディAはそのままで保存しておいて後で使います)。

f:id:ichidaya:20190429160600j:plain

ボディA/スジ彫り用ツール

スジ彫り用ツールの切断面に対してシェル操作を適用します。ここで指定する内側の厚さがスジを彫るときの深さになります。

f:id:ichidaya:20190429161505j:plain

スジ彫り用ツールへのシェル操作

シェル操作の結果、ツールは中身をくりぬかれた外殻だけになります。この断面にスケッチを行ってスジ彫りしたい部分だけを独立したジオメトリにします。

f:id:ichidaya:20190429162055j:plain

シェル操作後のツール

上記のジオメトリに対して押し出し処理を行います。このとき指定する距離がスジ彫りの幅になります。

f:id:ichidaya:20190429162818j:plain

外殻部分の押出操作

上記で押し出した部分でボディBを削っていくのですが、ボディBの面が微妙に変化しているのを確実に削るために押出した部分を上下、前後に拡張しておきます。

f:id:ichidaya:20190429163918j:plain

押し出し部分の拡張

スジ彫り用ツールのもう片方の面にも同様の処理を行って完成したスジ彫りツールが以下のような感じになります。

f:id:ichidaya:20190429164229j:plain

完成したスジ彫りツール

出来上がったスジ彫り用ツールを使ってボディBからスジの部分を切り取ります。

f:id:ichidaya:20190429164907j:plain

ボディBに対するスジの切取り

スジ部分が切り取られたボディBに保存しておいたボディAを結合すればスジ部分だけが取り除かれた主翼ボディが完成します。

f:id:ichidaya:20190429165100j:plain

スジ彫り処理の終了